薪ストーブの火をつける前に行うメンテナンス【煙突掃除編】

こんにちは、ほっさん(k_hossan)です。

 

いやー、寒くなってきましたねー。

シーズンはじめの11月初旬。

寒くなってくると薪ストーブで暖をとる我が家です。

 

火付けの前に煙突掃除をして昨シーズンの煙突の汚れを取りたいですよね。

 

そこで今回は・・・

 

薪ストーブのメンテナンスってどうやってやるんだろう?
という方に向けて記録を残します。
暮らし作りのお役に立てば嬉しいです^^
スポンサーリンク

薪ストーブの煙突掃除は何故するの?

場所によっては危険の伴う煙突掃除。

それでも煙突掃除を行うのは何故でしょうか?

 

ちょっと煙突の中をのぞいてみましょう。

煙突の先端部分です。帽子のようなモノを外してみます。

 

 

煙突内部(Before)

 

分かりますか?

煙突掃除をしていない、煙突の先端はススでビッシリ。

 

空気に触れる先端部分はススがたまりやすく、煙突の煙が出にくくなります。

 

シーズンはじめの着火で煙が薪ストーブの入り口から出て、部屋が煙っぽくなってしまった方もいるのではないでしょうか?

 

 

そうです!

煙突掃除をしないと煙突がつまり、部屋が煙っぽくなるのです!

そして煙道火災をおこしやすく、火事の原因にもなります。

 

 

煙突掃除(After)

 

薪ストーブの煙突掃除に必要な道具達

薪ストーブの煙突掃除に必要な道具を挙げてみます。

 

・煙突掃除棒・・・これは煙突の長さに合わせて用意します。気持ち長めがオススメ。

・煙突掃除棒のヘッド(ワイヤーブラシ)・・・これは煙突の大きさに合わせます。気持ち小さめがオススメ。

・ワイヤーブラシ・・・これは煙突の先端部のお掃除用です。お気に入りをみつけましょう!

 

薪ストーブのメンテナンス

 

薪ストーブのガラス部分ってススで黒くなりませんか?

新聞を濡らして拭いてもそこそこ落ちます。

 

ストーブ屋さんやホームセンターで売っているガラスクリーナーという商品もあります。

 

 

 

薪ストーブ煙突掃除の注意点

・雨や雪の日に屋根にのぼらない事

・屋根にのぼる時、屋根材を傷めないようにする事

 

です。

 

 

薪ストーブの煙突掃除【簡易的なメンテナンス方法】

屋根にのぼるのは怖いよなー。
という方もいますよね。
薪ストーブの使う頻度が年間を通して少ないという方が、
毎年屋根にのぼる事は、
人にも建物にもリスクがあると考えます。
そこでおすすめな方法があります!
分かりますか???
薪ストーブ入り口から煙突掃除セットの先端を入れます。
薪ストーブの種類、煙突の形によってはこの方法はムズカシイのですが、今一度、ご自身の薪ストーブを確認してみてください。
下から、何度も動かして、煙突内をお掃除します。
注:購入したばかりの煙突掃除セットは先端部分が外れやすくなっています。
毎回、ペンチ等で締め付けてチェックしましょう!
煙突内でワイヤーブラシが外れてしまったら大変ですからね!

 

 

【まとめ】

 

 

まとめます。

季節はじめの薪ストーブのメンテナンス。

寒い地方だと出番も多くて、お掃除も年一回必要になる家庭もあるかと思います。

 

火事の原因にもなるのでお掃除は必須となりますよね。

 

屋根にのぼる作業は危険も伴う為、安全管理には十分に注意して作業を行ってください。

 

屋根勾配が急な屋根や、滑りやすい屋根の材質の場合は特に注意が必要なので、専門家のアドバイスを受けてくださいね。

 

 

この記録が暮らし作りのお役にたてば嬉しいです^^

 

 

 

 

 

今日も良い一日となりますように!

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。応援ポチ、よろしくお願いします!

スポンサーリンク
おすすめの記事
【家作りday1】木をきる/Cut tree
Works
今日は新しく始まるセルフビルドサポートの家作り初日。 新月伐採で赤松の梁を1本1本きります。 思い出に残る一日になりそうです。 — ほっさん...