小屋作りのワークショップ【基礎DIY編】

こんにちは、ほっさん(@k_hossan)です。

 

基礎石はホームセンターで買えます。

それでも1度は作ってみた方がオモシロイ!

 

という事で、今回は・・・

・DIYで小屋作りをしたいけど、一歩を踏み出せない方。
・DIYを志していてネットや本、動画等で知識を蓄えている方。
・全くのDIY初心者に向けて。
記録を残します。
暮らし作りのお役に立てば嬉しいです。
スポンサーリンク

小屋作りのワークショップへの意気込み【基礎作り】

(小屋作りのワークショップ初日、基礎作り)
今回小屋作りのワークショップを開催しました。
「家をセルフビルド(DIY)したいけど何から手をつけて良いのか分からない。」
そんな10数年前の自分がこんなワークショップがあったらいいな。
という思いで取り組んでみました。
(この場所に3坪の小屋を作ります。目的は子供部屋です。)
(場所決めの様子)
(丁張りと呼ばれる、基礎石を置く為の仕掛けを作りました。)
セルフビルド(DIY)で小屋や家をさあ作ろう!
と決めた時、一番最初の工程が基礎作りです。
実はこの工程が正直ハードル高いです。
地球という地面を相手にするからアタリマエといえばアタリマエ。
精度も求められるし、体力も必要。
誰か代わってくれるなら代わってください 笑。

基礎作りを楽しむために。

(コンクリートを型枠に流し込む様子)
このハードルの高い基礎作りを楽しむ事ができたら、次の工程(木工事)はもっと楽しめる!
僕は本気でそんな事を思っています。
(束石を手作りしてみます。インパクトドライバーを片手に。)
僕はマキタの18vを使っています。軽さや使いやすさを考えたら14.4vで十分です↓

 

 

今回、ホームセンターで買える束石(つかいし)と呼ばれる土台の下にくる基礎の部分を手作りしてみます。
必要な道具は・・・
  1. インパクトドライバー
  2. ビス
  3. 丸ノコ(今回は押し切りと呼ばれる、スライドマルノコを使用しました。)

 

です。

注:必ずビスを使用します。ですとコンクリートの圧力で抜けます。

 

(スライドマルノコでノジイタを切っています。)

 

マキタ製品を好んで使っています↓

 

 

 

 

(組み立て風景)

 

(型枠ができました)

 

何故、基礎作りを楽しむ為に手作りをするのか。

一度まとめると・・・

「はじめから作ると、工夫というスパイスが入る。」

からです。

 

その瞬間、受身から能動的な姿勢に変わる。

 

DIY(Do It Yourself)では大切な考え方だと僕は思っています。

 

 

基礎を作り、体力をつける。

(今回は手練りとドラムで基礎を作りました。)

 

ここでとっておきの言葉をお伝えします。

これはDIY界のカリスマ。

カナディアンファームハセヤンの教えでもあるのですが・・・

ハセヤン
家を手作りする時。基礎作りで体力をつけるんよねー。
基礎作りをしていく上で、この言葉が僕には宝物となっています。
体力をつけて次の工程を楽しむ!

 

10数年前の僕にはガッツーンと響いた。

 

How about you?

 

 

 

(みんなでやると作業が想い出作りに!)

 

 

【まとめ】お茶菓子タイム

 

(基礎が出来ました。)

 

 

ワークショップの初日。

終了後、Oven Worksのお茶菓子と共に参加していただいた皆さんと小屋作りの基礎について議論してみました。

 

 

 

今回のメンバーは3名。

富士見森のオフィス、イグナイトプロジェクトメンバーのマノさん。コダマさん。原村でお花農家を営むサイトウさんです。

 

ご自身で「薪小屋」を作られたり、「想い出の木」というプロジェクトを立ち上げたりとDIYの同士とも呼べる活動を積極的にされている3人。

 

 

 

 

 

今回、小屋作りのワークショップに参加してみていかがでしたか?基礎は正直、大変なパートでもあったと思うのですが・・・

もっと大変かと思ったんですけど、あっという間に時間が過ぎました。農業の仕事にも役立てたいですね。

僕はブロックで薪小屋の基礎を作った事があるのですが、正直そのときは楽しいとは感じませんでした。 一緒に今回、実践をしてみて、みえない所が分かって良かった。力の入れどころと抜きどころ。ネットや本、動画では情報が出ているけど、そういった本当に知りたい所は実際に体験してみないと分からない。

基礎って作れるんだと知りました。今後買う事になるとしても、作れる事が分かっているだけで力強い。
【まとめ】
・基礎作りは体力づくり。
・ホームセンターでも束石は買えます。
それでも一度は作ってみた方がオモシロイ!。
DIYを志す同士が増えた事が今回、小屋作りのワークショップを開催してみて何よりの喜びです。
有り難うございました。
次回は・・・
土台の墨つけ、刻みを実践していきたいと思います!
ご興味のある方はお気軽にご参加ください。
ワークショップの詳細→小屋作りのワークショップ
お問い合わせは下記からどうぞ。

【参考資料】
今回用意した参考資料です。
図面
小屋寸法

小屋作りでおすすめしている本1

小屋作りでおすすめしている本2
あわせて読みたい。八ヶ岳の麓、無垢の木で作る物置小屋の製作過程。【DIY向け】
2018.10.17
台風24号の到来。 八ヶ岳は今日も雨です。 無事に通過するのを願うのみ。 前回の21号の被害は大きかったので教訓にして養生を万全にしました。 昨日は貴重な晴れ間が広がる一日でした。 S...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。応援ポチ、よろしくお願いします!

スポンサーリンク
おすすめの記事
【家作りday3】墨付け、加工編
Works
富士見の森でお施主さんと一緒に家作りを行っています。 今回は墨付け、加工の記録をまとめました。 家作りの参考になれば嬉しいです。 継手の加工...