【読んだ本】ゲストハウスガイド

こんにちは、ほっさんです!

 

空間制作の立場からゲストハウス作りのお話がありました。

ゲストハウスといっても沢山の種類があると思ったので、本を探してみました。

 

その中で出会った1冊を紹介します。

 

 

空間作り、旅の楽しみが増えるといいなと思っています。

 

 

スポンサーリンク

ゲストハウスガイドとは?

ゲストハウスガイドとは・・・

ゲストハウス紹介サイト「Foot Prints」編集長・前田有佳利が訪れた 数々のゲストハウスから厳選した100軒を推薦。初めて泊まりたい人のための解説から、ゲストハウスの持つ意義まで深く解説。今注目されているゲストハウスの魅力がまるごとわかる本。

ゲストハウスガイド帯より抜粋
国内で500軒以上あるといわれるゲストハウスのうち、出逢ってほしいと思った100軒に焦点を当てて紹介してあります。

もし、あなたが今「旅をしたい」と思っているのなら選択肢の一つとして”ゲストハウスのある旅”を、ぜひ提案させてください。 それも海外ではなく、日本特有の文化が築かれつつある国内から。

ゲストハウスガイド はじめにより

ゲストハウスガイドを読んでみた感想

ページを開くと短編コラムのように、

著者前田さんが体験した感動が1ページにぎっしりと詰まっている。

 

 

どこから読み進めてみてもオモシロイです。

 

地域ごとでも。

 

 

ジャンルごとでも。

 

ジャンルは12のジャンルに分けられているので、読む人の幅に合わせている点も好感が持てた。

 

 

 

12のジャンル

 

ジャンルを詳しく分けると

 

・アート建築好きにおすすめ

・日本情緒溢れる古民家

・開かれたBARで飲みたい

・一人の時間も大切に

・地域の発信拠点となる宿

・交流重視のひとり旅

・子連れ家族におすすめ

・フウフが迎え入れてくれる宿

・女性の一人旅におすすめ

・男性の一人旅におすすめ

・個性的なコンセプトのある宿

・併設の発想がオモシロイ

 

行ってみたいなと思った宿

僕は長野県は信州、八ヶ岳山麓に住んでいるので諏訪という地域になじみが深いです。

 

信州諏訪の宿

マスヤゲストハウスhttp://masuya-gh.com/

と聞けば、この地域のクリエイターなら知らない人はいないんじゃないでしょうか?

 

 

下諏訪に「ハッコ」さんというDIYで自分の箱を作ったステキな床屋さんがあって数年程前から通っています。

そこのお兄さんの話題が毎回、面白くて、マスヤゲストハウスの事もここで聞きました。

その時、ちょうど完成する日だったみたいで、作り手でありデザイナーのアズノさんと出会いました。

 

 

アズノさんはこのゲストハウスガイドの100軒の内の何軒かを手がけている事を後から知りました。

 

 

最近のゲストハウスブームはリビルディングセンタージャパン(通称リビセン)のアズノフウフが作ったんじゃないかとも思っています。

 

そんな事もあり、

Nui.HOSTEL&BARLOUNGE https://backpackersjapan.co.jp/nuihostel/

 

にも行ってみたいなと。

 

本を読んで思いましたね。

 

「Foot Prints」編集長・前田有佳利さんがゲストハウスの事を好きになったきっかけの宿、

tokohttps://backpackersjapan.co.jp/toco/

 

も気になるかと。

 

BOOK AND BED TOKYOhttp://bookandbedtokyo.com/

 

も気になるし。。。

【まとめ】

100軒全部行ってみたいわそりゃ。

 

 

 

この本読んでたら旅に行きたくなってきました。

 

 

このウズウズした気持ちはどうすればよいのだろう・・・

 

 

 

今日も良い一日を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。応援ポチ、よろしくお願いします!

スポンサーリンク
おすすめの記事